その販促品の良さをプレゼンしながら

かつて会場販売や路面販売が多かった時代に本来販売したいと考えている会社側にお客さんとのコミュニケーションを取りながら、高額商品を売るに当たり、オマケ的な存在かも知れないが、販促品と言う物があった。販促品にはキャンディーやパンや安価な物がありその販促品の良さをプレゼンしながら、その後に高額商品販売に繋ぐ大事な役割をしていると思う。

例え安価な販促品でもお客さんと信頼度増す事によって高額商品を販売出来ると考えます。毎年当社では販促品はエスピィで購入する事になっております

ただ安価な販促品と言っても駄作は絶対にダメだと思います。それこそ販促品がまず良い商品ならば、その販促品を完売させる事ができ、尚且つ高額商品へのアプローチになるのでかなりのウエイトを占めていると言えると思います。

もちろん販売員の販売能力にもかかってる事もあると思いますが。

安価な販促品こそ目玉商品を販売するに当たり、大事な役割を担っていると思います。

今は会場販売なども減って来てます。

しかし販促品は減らないです、例えばマッサージ屋さんでも初回10分無料など販促品みたいなサービスも出てるように目に見えない販促品があるのも事実です。

ですので、販促品は絶対に次の購入意欲に繋ぐ大事な役割をしていると思います。